生き方

頭のいい人はいじめをしない。するのはバカだけ

 

人をいじめるのはバカだけです。頭のいい人は、無意味なことをしません。

 

さて。先日、とあるカフェに行きました。

後ろのテーブル席では女性4人が楽しそうに女子会をしているようです。

なんとも賑やかで、「女子同士で変なこと話すのって楽しいんだよね~」とうらやましく思いながら、ドリンク片手に盗み聞き。

どうやらパートの帰りらしい。メンバーをチラッと見てみると、20代~40代といったところでしょうか。年齢層の違う女性たちでした。

「バイトの後の女子会っていいよね~それだけで頑張れるもん」と思いながら、また盗み聞き。

あらら・・・何やら話題は悪い方向へ向かっているではありませんか。

カフェにはいないパートの女性(おそらく)の話を始めました。

「○○さん、来てなんて言ってないのに今日来てたよね~」

「ほんと使えない~」

結構ひどいこと言うんだなあとは思いましたが、これも女子あるあるですよね。

「次のターゲットは私だ」という恐怖心

1人目に満足すると2人目にターゲットが移るのは、悪口やいじめによくある傾向です。

大抵はリーダーがいて、その取り巻き数人でグループが構成されています。それもだいたいが学校で目立っているような、派手系グループにありがちですね。

私も中学生のころ経験しましたが、リーダーが右と言えば右、左と言えば左。逆らうとターゲットにされて、私は晴れていじめられっ子の仲間入り。

だけれど、当然私には逆らう勇気などなく、リーダーに気に入られるようにと毎日をこなしていきます。いつ自分の番が回ってくるのか、どのタイミングで怒らせてしまうのか。「学校なんてなくなればいいのに」と思っていました。

ある日突然、悪口を言われ続けていた子がついにグループを抜けてしまいます。

次のターゲットは私です。

頭のいい人は悪口すら言わなかった

ターゲットになった私をグループのみんなは避け始めました。どうやら話すと怒られてしまうようで、まったく取り合ってくれません。いつも移動教室は一緒に行ってたのに、1人を置いてさっさと出ていきます。

1人目の子も同じ気持ちだったのかと思うと、胸が痛かったです。

数日は1人で過ごしていましたが、他のグループの子たちと行動するようになりました。

クラスの中でも特に頭のいいメンバーが揃っていて、とにかく優しいんです。話す内容も、遊び方も、時間の使い方もまったく違います。友達が安心できる存在であることを初めて知りました。

派手なグループのみんなは勉強なんてしなかったので、私も市立の商業高校に行こうと考えていました。

ところが、この中学3年生で起きたいじめをきっかけに、偏差値が25も高い“高専”を目指すことに。友達が変わったことで自分の人生も180度変わり、すべてが終わった今では「いじめてくれてありがとう」と戦友?に感謝しています。

 

派手なグループ頭のいいグループ。2つのグループにいて分かったのが、「頭のいい人は悪口を言わない」こと。

当時「悪口を言われたときの痛みが理解できるから言わないんだなあ」なんてしみじみ思ったことを、今ここに書いています。

 

悪口を言う時間で、“生み出せるものがある”

パート帰りの女性たちが、ある人の悪口で盛り上がっているのを見て思いました。

「この時間に何か生み出せるのになあ」

悪口では憎しみや悲しみしか生み出しません。憎しみ製造機になりたくないのなら、今すぐにやめた方がいいと思います。言われる側は常に気にしてモヤモヤして、楽しく生きられないから。

悪口大会を開催せず、だれかのために行動すれば、幸せやお金を得ることができるのに。

バカバカしいことに何時間も時間を割いているあいだに、わたしは1記事書きます。

 

ABOUT ME
東保 希美
フリーライターの東保希美です。恋愛や美容関係のコラム記事、ブランドやロゴのコンセプト、webコンテンツ記事、インテリア関係の記事を執筆しております。 実在するものを美しくご紹介・ご説明するのが得意です。話し口調から説明文まで幅広く対応いたします。